さくらんぼの村 ヴナスク  Venasque, pays des cerises

4月初めはさくらんぼの木の花が咲く時期です。

 

ここはリュベロン地方の北にあるヴナスクという村のさくらんぼ畑。

フワフワと気持ちよさそうに咲くさくらんぼの木の下では、黄色や白の小花たちも一斉に開いて、

この世の春を満喫しているようです。

IMG_3134.JPGヴナスクのサクランボ畑は山一面に広がっており、こんな感じ。

そして、6月にはこの花が実をつけるのです。

想像してみて!

Cerises de Venasque

大きな実がぎっしり鈴なり状態。

その美味しいことといったら…! さくらんぼ好きにはたまりません。

小さなさくらんぼ祭りも開かれます。

実はヴナスクは中世にはローマ法王の重要拠点だった由緒ある村。

ロマネスクの教会にある宗教画もよく知られています。

高台にあって、カルパントラ平野が眼下に広がり、正面にはどーんとヴァントゥー山が聳えます。

復活祭を過ぎて、プロヴァンスは本格的に美しいシーズンが始まりました。

こういう小さな趣のある村を訪ねるには最適の季節です。

広告